シミを消す方法を考える|タイプ別で変わる改善方法

女の人

原因と治療

シミのほとんどは紫外線の影響で出来ます。シミが表皮に沈着してしまうと、市販の化粧品で消すのが難しくなります。出来る限り予防することが大切ですが、沈着してしまったシミはクリニックで治療をして消すのがお勧めです。

More Detail

タイプにより方法を変える

シミ

ビタミンCを効果的に

シミは、見た目年齢をグッと下げてしまいます。紫外線に当たらないようにケアしているのに、鏡を見るといつの間にかしっかり表れているときがあります。出来てしまったと嘆くより、正しいお手入れでシミを消す工夫をしましょう。シミを消す策としては、紫外線をカバーする、ターンオーバーを整える、しっかりと保湿をするなどがあります。美白化粧品で期待できるのは、ビタミンC誘導体を含むものや、トレチノイン、ハイドロキノンを配合しているものです。ところが、トレイチノンやハイドロキノンは、人によって合わない場合があるので、皮膚科の医師とよく相談して使用してください。また、ストレスはホルモンのバランスを崩し、メラニン色素を生成するのではないかといわれます。精神面での安定も、シミを予防するためには必要なのです。

プラスアルファな方法を

シミには大きく分類すると4つのタイプがあります。老人性色素班は、紫外線による加齢が原因のひとつになります。肝斑も年齢を重ねたものですが、左右対称に薄く大きく広がるのが特徴です。炎症後の色素沈着は、虫刺され痕や、ニキビ痕など、炎症後に残ったシミを指します。また、ソバカスは、遺伝的なものであるといわれます。美容医療で行われるものには、レーザー治療があり、老人性色素班に有効です。トラネキサム酸の内服や、ケミカルピーリングは肝斑を消す効果があります。このように、シミの種類によって、消す方法も使い分けなければなりません。自分に合った方法を継続することで、気にならない程シミを消すことが出来るのです。

肌のケア

しみを消したい人は必見

フォトフェイシャルは特殊な光を当てる事によって、肌のシミを消す機械になります。フォトフェイシャルで失敗しないためにはクリニック選びが重要になるので、ホームページを見て医師免許を持っているか調べておきましょう。

More Detail

困る人

肌に存在する天敵

顔に出来たシミには、原因によって様々な種類に分類されます。シミを効果的に消すには、まずは自分のシミの種類を知ることが必要です。種類によって、レーザー治療や薬服用など、それぞれに合った対策を取るようにしましょう。

More Detail